美容皮膚科でできること

美容皮膚科では、糸を使った顔のリフトアップの施術をおこなっていますが、この施術には溶ける糸と溶けない糸を使う施術方法があります。糸を使った顔のリフトアップに関して溶ける糸による施術は、最近では特に多く利用する人も増えています。美容皮膚科ではさまざまなリフトアップの施術を行いますが、糸を使った顔のリフトアップは効果も持続するため評価も高いです。溶ける糸というのは、植物性のポリマーそして生分解性ポリマーなどが使われています。これらは、体の中で分解されて吸収される素材なので安心して施術に使うことができます。施術に関しては、糸に直接切り込みを入れたものを使う施術があります。 この切り込みを入れた糸が顔の皮膚のたるみを引き上げてくれます。

このように糸に切り込みを入れることで皮膚の組織を掴むことができますので、引き上げることで組織も一緒に引き上げられます。しかしこのような施術方法では、若干皮膚を引き上げる力が弱い場合もあります。他にもいくつか直接皮膚を引きあげる施術方法がありますが、強度の高いものに関してはデメリットもありますので、糸を使った顔のリフトアップの施術に関しては、カウンセリングを十分に行って自分に合った施術を行うことが一番大切です。さらに術後のケアなどもしっかり自身で把握しておき、自身で行わなければいけないケアはしっかり行うようにしていきましょう。そうすることで効果を実感できるものとなります。