溶けない糸とは

リフトアップで使われる糸は、溶けるもの以外に溶けない糸もあります。伸縮性のある溶けない糸を使うことで、口周りのたるみに関しての施術に適しています。口周りのような部分は、日ごろよく動かす部分です。以前の施術に関して使われていたものではすぐに切れてしまうこともありましたが、今は、スプリングスレッドというものが開発されて突起部分がついた形となっていますので、皮膚の組織を強い力でつかむことが可能となっています。

また、シルエットリフトという施術では、円錐の引っ掛かりがついた溶けない糸を使用してリフトアップを行います。溶けない糸は、何よりも持続期間がかなり長くなっています。 このため、溶ける糸にくらべれば長い期間リフトアップの効果を感じることができます。しかし体内で溶けないことで、万が一失敗した場合にはまた糸を取り出さなければいけなくなります。取り出しに関しては施術時の状態そして糸の形状により施術を行っても糸が取り出せない場合もありますので注意しましょう。溶けない糸は協力ですので、皮膚組織を頑丈につかんでしまいます。このためうまく糸が引き出せなくなります。どちらも安全性はありますが、それぞれデメリットもメリットも大きく違います。

施術のメリット

糸を使った顔のリフトアップは、美容皮膚科で行うことができます。施術に使う溶ける糸を使ったリフトアップは、体内で数か月からおよそ2年で分解されて吸収されます。永久的なものではありませんが、徐々に糸が体内に吸収されていきますので、急に顔がたるむとった現象が起きません。さらに施術をした後でも再度、同じ施術を行うことができることが大きなメリットとなります。

リフトアップイメージ写真

引用元{大阪の美容皮膚科ならMAME大阪心斎橋}

溶ける糸を使って行うリフトアップは、施術をした後の後遺症が心配な人や、施術が失敗となった場合のことを考えると不安な方は、溶ける糸を使った施術を選択することをお勧めします。精神的にもこの溶ける糸の方が負担が軽減されるものとなります。 しかしこのように体内に吸収されてしまうことで、永久的にリフトアップできているといったことではありません。

もちろん、何度も施術を受けることは可能ですが、この方法は長期的なものではありますが一時的な改善方法といったものと考えて施術を受けるようにしましょう。リフトアップを行う際には、施術に関して施術に使う素材などを選択していくことで、自分のこれからの満足度や効果などが納得することができます。美容皮膚科は皮膚に関しては専門的な知識を持っている医師が行うものですので安心して施術は受けることができます。